ロレックスを長く愛用したいなら修理に出そう

高級時は定期メンテナンス

婦人

その手順とは

ロレックスは有名な高級時計のひとつです。時計は、精密機械であるため、定期的にメンテナンスする必要があります。ロレックスのような高級時計でも同じです。定期的に部品を分解して点検し、修理や清掃を行うことをオーバーホールと呼びますが、オーバーホールを行わないと、ムーブメント内に油が溜まって粘りが出て、時計の寿命を短くしてしまうことがあります。修理しないといけない悪い状態であると、高額な修理料金がかかることもあります。3〜4年に一度はオーバーホールすることを勧められています。ロレックスの日本における正規代理店が日本ロレックスです。あらゆるロレックスの正規パーツを取り扱い、腕の良い職人がオーバーホールを行ってくれるので安心です。機能が低下したパーツの交換や修理を行ってくれます。また、高級時計を取り扱う業者でも可能で、その場合は信用できる技術を持っているかどうかをチェックして依頼しましょう。オーバーホールの手順としては、依頼する日本ロレックスなどの業者に出向くか郵送するなどで時計の状態や症状を伝えます。そうすると概算見積もりを出してもらえます。実際の料金が概算見積もりと大きく変わることは稀です。見積もり金額に納得し、オーバーホールの依頼を決定すると、実際に開始されます。業者の混雑度にもよりますが、1ヵ月ほどかかることが多いようです。余裕をもって依頼することがおすすめです。完了すると、業者から連絡があり、料金の精算と時計の受け取りが行われます。